パオ PAO COMPOUND HOME > 求人情報 >  
 
商と遊行 REVIEW COMMENTS 東中野駅前整備について
 
 
アフガニスタン特派通信4―2008年10月2日

今日でイードの休みは終わります。いま午前10時半ですが、さきほどまで屋根に上って凧揚げしていた子供らの声も消え、村には静かな風が流れています。ここはマザリシャリフから10km位離れた農村です。デェダァディ(dehdaadi)と呼ばれています。隣の家から夕飯を呼ばれているだけが今日の予定ですから、ゆっくりとこの静けさを堪能したいと思います。
この夏全然雨が降らなかったそうで、今日も青空が広がっています。しかし村の中を流れる小川の水はそれなりの量のように見受けられます。この村の顔役であるアブザリ氏(48)が言うには、この小川の水はバンデアミールから来るそうです。バンデアミールからアクチャまでイマムクリ(imaamkuri=中下流域通称)川がおよそ400km流れています。この川は普段アムダリアまで届かずアクチャで地中に消えてしまいます。この川には18の支流があるそうで、そのひとつがこの村の小川=ナハレシャーィ(nahrshaahi)だそうです。ナハレシャーィはデェダァディ村を通ってマザリシャリフへと下り、そこでこの流れも地中に姿を消します。バンデアミールの水はこの北部一帯を18本に枝分れしながら潤しているのです。目の前の緑茶はバンデアミールの水かと思うと少し感動します。またこの村のすぐ近くにカラィジャンギー(qala-i-jangi)という城があります。現在は米軍・ISAF等が陣取っています。
いままでの報告で道路について書くのを忘れました。カーブル空港を夕方18時前に出発して24時過ぎにマザリシャリフに到着するなんて信じられます?夜道ですよ、かつ途中のチャイハナで夕食も食べました。プリホムリ(Pul-i-khomri)-マザリシャリフ(Mazar-i-sharif)間の道路は、去年は工事中のところがまだまだありましたが、今回は出来上がっており高速道路並みに快走しました。2時間です。暗くてどの辺を走っているのか分からずプリホムリから1時間半も過ぎるとタンギー、そしてホルム(タクシュルガン)です。その後20分でマザリシャリフに入りました。これはアスファルトとカローラの威力です。こんなに速いとアフガニスタンに来た実感がまったく湧きません。感想を一言いわせて貰います。つまらん旅です。これでは過去のアフガニスタン旅行ファンは拍子が抜けるでしょう。良いのか悪いのか、アフガニスタンも時間がタイトになりつつあります。
イードが終わって明日から街も平常に戻ります。この村に滞在するのもこれで終わりです。明日からはマザリシャリフの街で今回の目的である絨毯産地訪問の準備です。マザリシャリフには2日間程度の滞在でしょう。マザリシャリフを離れると、此処以上の田舎が待っています。

02oct.2008安仲卓二(パオ代表)
2008年10月14日(火)  

No. PASS
2008年10月14日(火)
アフガニスタン特派通..